2013年7月29日月曜日

サオリちゃんと


6月末の朗読ライブが終わってから ずっとお稽古できないでいたのだけれど
今日 サオリちゃんを呼んで 久しぶりにお稽古しました
やっぱり楽しかった とにかく行動してみることが大事だなとは思ったのだけど
何よりも 誰かと演技について語り合うということ自体がやっぱり楽しいのだ
久しぶりにヨガを少しして
その後宵待草の冒頭からシーン4までの主に女学生とのやり取りの部分を中心に何度か読む

他人のアラはよく見える。。。ということで 早速 修正作業をしてみたら
やっぱりこれが有効なんです 面白いように 何も考えずに読んだ時と
思いを凝縮して込めて読んだ時では 色合いが全然変わってくる

勿論最初は初見で「とりあえず何も考えずに読んでみましょうか」って軽く始めたから
2年ぶりにお稽古すると言ってる彼女に いきなり高度なものを求めたわけではないのだけれど
いわゆる「まだまだ伸びしろがある」ってこのことね とわかりました。

本番より お稽古の方が楽しいかもねーってまとめでお稽古終わりましたが

思えば 昨年の「思いだす」もそんなゆるさで始めたのでしたっけ
まずは動き始めてみて生まれるものを 大事にしていけたらなと
心から思いました

何より サオリちゃんに来てもらえて 本当に良かった
一人じゃできないことも 誰かの力を借りてできることって 本当にたくさんありますね

感謝 感謝です

サオリちゃんを駅まで送ってから 帰宅してお風呂に浸かりながら 「Respect for Acting」を読みました この本も最初の数ページ読んでいただけで止まっていた

無理なく 程よいペースでのんびり行こう

0 件のコメント: