2012年3月31日土曜日

『思いだす』仮予定

2012年12月末に 『思いだす』公演します。 2日間予定

出演者は3名
一人芝居用のテキストを3人でやる

私たち不器用なんで 1ヶ月稽古とかで作品作れないから
今年1月からお稽古始めた

シンプルだけど 後からじわっと来るような 深い作品にしたいです。


2012年3月15日木曜日

【稽古日誌】思いだす


2012/03/14  18:30~22:30 B1スタジオにて 参加者:YUKI、詩織
(#は思いついたアイデア)

18:30~ 身体訓練 OP:股割滑舌
19:00~ 摺足
19:30~ 休憩 準備
 preparationの仕方:
 場の情景を詳細に思い浮かべる 色、匂い、古さ、天気、気温、季節、音
 例えば その「場」に大切な人がゆっくりと現れる
 例えば その「大切な人」に向かって 言いたかった一言を投げかける

19:50~ 通し 詩織ちゃん preparation後開始
 # それぞれが 椅子・テーブル・ベッド に座っている
 # 4:30辺りの 水の音から電車の通る踏切までの間が短すぎる
 # ナレーションを機械のようなエフェクト音にしてもいいかも

3)の笑む を録音とずれてもいいからしっかりやること
4)「揺らぐ」というガイドを無音にしている理由を再確認
 「揺らぐ」という行為をするのではなく、 「思いだす」という行為の結果「揺らぐ」
6)ふと聞くは 「呟く」 「発語する」とは違うのである 
8)思いだす の前の余裕が少ない (無音追加)
 # 懺悔聴聞僧 を ばらばらにリフレイン

12)思い出したくないこと って具体的に何? 明確に想定すること
13)してみる 
 # 酒を飲む 薬を飲む、布団をかぶるを実際に行為としてやってみる
   のはいいかもしれない繰り返し繰り返し

19)立ち上がり、出て行く
 踊るのは高い位置の方がいいかも
 寝転がって自転車をこぐのは私もやった
 もっと思い切り 歌う もっともっと

23)叫ぶ で 天を仰いでいたのはなぜ?
27)のサイレンはもっと大きな音の方がリアルに飛び起きられるかもしれない
 # 報告1の前に無音挿入
 # 報告1は特にナレーターのように正しく

41かごめかごめはとても良かった
48)ゆっくりと 座る をうんとゆっくり座る
50)の長台詞 「世の中、悪い」は怒り この感情に共感する 感情を押し殺した女性
 ツイスト  怒りが噴出すると向こう側へ行ってしまう 

51)~55)までの録音は間に無音を挿入してもう少し間隔をあける
57)どうして自分が火をつけた? 理由を明確に
59)夏の音 笑い止めなくていいと思う
60)老いて行く の台詞のスピードはもっとゆっくり
  「思いだす」台詞は本当に夢見るようにうっとり 

21:05 地震(震度5)で中断 休憩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

21:30 discussion
 長台詞のところの、怒りの感情について 共感・設定・構築 についてのレクチャー

抜き稽古
24)笑う で ツイスト 確認

次回、56)~59)を丁寧にやりたい
42)~47)も51)~55)の連続も 
 # 刑務所

2012年3月7日水曜日

感じること 表現すること

「本当に感じること」 と 「感じてることを表現すること」 この2つに真摯に向き合う 丁寧に


表現するというのは
ちっちゃい子が ママンに
「ねぇねぇ、お月様食べられちゃった」って説明するのと同じこと

私たちは 安心で 安全な場所で
感じたことを 自由に 奔放に 表現していい
「虫さんいたい?」

子ども時代のように
何を言っても 否定されない安全さは
大人になった今は 誰も保障してはくれないので
自分で守る

わたしは どんなことを表現しても
誰にも否定されない
だって それは 本当に感じていることなのだから

だから まずは 本当に感じることが大切
その瞬間に本当に感じていないことを表現することなど
少なくとも 私にはできない

2012年3月1日木曜日

超絶アングラ発生技法

えっとね えっとね

今日は『思いだす』の稽古の合間 息抜きに
『オフェーリアマシーン/ハムレットマシーン』と
『ハムレットマシーン』を 超絶アングラ発声法wでやって見せたりしたよ
久しぶりに思い切りやれて 楽しかった

それと 今まで自分では いまいち理論的に何が違うのかわからなかった
台詞を粒立てて発語するやり方とか
教えているうちに随分わかった

教えることが自分自身の身につくというのは本当にそうだ
教えることで 自分はもっと学べているんだと思った

こういう機会を与えてもらえることが ありがたくて 嬉しいし 楽しい

大事なこと 大好きなこと 伝えて残して行かなくちゃって思った

理生さんのお芝居のエッセンスとか ほんの少しでも
伝承していく使命があると思った

もちろん「それはあんたじゃない」って思う人もいるだろうけど
私は私のやり方でやってっていいと思った

『思いだす』 なかなか面白くなりそうです
やることたくさんあって 時間が全然足りない