2012年2月24日金曜日

自分の感覚だけを信じる

昨日の公開稽古に初めて 参加してくれた若手の女優さんと
 稽古中に話していて気づいたこと

「自分が気持ちよくなっちゃダメだ」
「説明的な演技をするな」

こんなことを言われた経験のある役者さんは多いはず

だけどね ちょっと待って
そのままの意味でとっちゃダメ

まずは演技をする上で「しちゃいけない」ことは何もないんです。

それと 絶対的に自分の感覚を信じて
AパターンとBパターンの演技があって
どちらを取るか迷ったら
自分の腑に落ちる つまり「気持ちのいい」方を選ぶ

まずは自分が納得して
自分が心地よいと感じる方法じゃないと
観客には伝わらない
観客に伝えるために
まずは自分の中を通さなくちゃ

で 観客に伝えるためには
自分がたったいま その場で感じていることを 誰かに向かって説明して
あらゆる方法を使って
自分が感じた感覚を 誰かに伝えるの
伝えるためには何らかのactionが必要
演技(acting)って 私はそういうことだと思うのです

「自分だけ気持ち良くなるな」とか「説明的な演技をするな」ってのはそのもっとずーっと後の話

やっぱり何事も 自分の感じていることをみんなに知ってほしいっていう欲求がスタート地点でいいんじゃない?

0 件のコメント: