2012年2月19日日曜日

まずは楽譜を作ります

稽古ノート
2月19日『思いだす』朝稽古6:50〜9:50

一番言いたいことは何?
とうさんに一番言いたい一言

魂に役が降りてくることと
演技を緻密に構築するのは
まったく別のことだし
再現性の点で矛盾しない

古典音楽の楽譜には音符だけでなく
強弱記号や 繊細な情感を指示する言葉が書かれている
同じ楽譜を使っても奏者によって
まったく違った演奏になるのと同じ

まずは自分だけの緻密な演技構成の台本をTRY&ERRORで作り上げよう
演奏するのはその後でもいい


苛立ちの濃度
例えば10段階の強弱
苛立ちの色 匂い 厚さ

苛立ちの対象は何?
過去の自分? 目の前にいる相手? 聞こえてくる繰り返す音? 眩しすぎる光?
五感の一つ一つで試してみる


台詞を軽く割る
条理と不条理の境界線をスイッチする手段

0 件のコメント: