2012年12月24日月曜日

粒だてる



YUKIです。

世の中クリスマスイブイブで、ラブラブしている方もそうでない方も三連休の中日ですが、
私たちReminiscenceは今日と明日は10時~22時まで、会場の絵空箱の二階で全日稽古。

今日は白塗りをして、通しをして、照明さん用の図面を書いて、
夜は、詩織ちゃんとYUKIの二人で「報告3」のところの抜き稽古をやりました。

最初、何がうまくいっていないのか、二人ともわからなくて、いろいろ試行錯誤していったところ、ふと「台詞のうち、名詞だけ強く言ってみて」とお願いして、やってみたら、わかった。

言葉を粒立てる。

これ、岸田事務所出身の女優さんたちは得意らしく、私もいつの間にか習得していたようで、よく他の劇団の演出家の方にも「YUKIさんの発語は粒だっている」と言われ、そのコツを教えて欲しいと聞かれたりしていたのですが、自分では自覚もなく、特に粒だてる稽古などしたこともなくて、いったいどうやって、できるようになるのか、他の人に教えることなどできませんでした。

でも、今日詩織ちゃんと何時間もかけて、お稽古しているうちにそのコツがわかった!

理生さんの脚本は言葉がとても美しく、詩的で、理生さんが「言葉」にとてもこだわっていたことが、脚本から匂いたちます。
単語の一つ一つを丁寧に、粒立てて発語することで、理生さんの言葉が美しく生き生きとするんです。

舞台を観に来た方は、中盤の「報告3」のところで、詩織ちゃんの発語がどんな風に変わったか、よく聞いてください。

あ、どんな風に変わったかって、前のを知らないとわからないか。
まぁ、でも、きっとわかります。お楽しみに。

ちなみに、粒立てのコツを知りたい方は、別途 reminiscence0112@gmail.com までご連絡くださいませw

2012年12月12日水曜日

制作作業

この時期になると
DM、スタッフさんとの連絡、チラシ折込、当日パンフレットなどなど、お稽古もしたいのに制作的な作業が多くなる。

昔々劇団にいた頃は雛さんや宗方さんが制作をやってくれていて
人数も多かったし、新人の私は折込を手伝うくらいで、その大変さは知る由もなく
自分でやるようになって、いかに大変か見に染みています。

ルーデンスでは「女優に制作やらしちゃいかん!」と声を大にしていたりもしたけれど
小劇場だからみんなで協力して制作やらないとならないのよね

私、世間知らずでした。ごめんなさい。

今回は、昨年と違って、一人じゃなくて、仲間がいるからとても心強い。
チラシだって、初めてとは思えないくらい素敵なチラシをたかねちゃんに作ってもらったし。


実は、初めてなので、ミスプリも多く。。。
このチラシ裏面のメールアドレスは間違いで、正しくはreminiscence0112@gmaiil.com
会場のビル名の漢字も微妙に間違えている。ご容赦。
年末のお忙しいところですが、年に一度の公演、ぜひ観にいらしてくださいませ。

reminiscence第1回公演 「思いだす」 岸田理生/作
2012/12/28 20:00
2012/12/29 14:00 18:00
絵空箱にて
ご予約はDMかreminiscence0112@gmaiil.comまで

2012年12月9日日曜日

稽古大詰め

久しぶりに舞台監督&美術担当の丈吉がやってきて、フルメンバーでのお稽古
みんなの抜き稽古の成果があって なかなか有機的に通しができた
反面、行き過ぎたり 荒くなったりした部分はあるが、方向性は間違っていないから大丈夫

作品に慣れてくると 冒険をしなくなって 自分自身が飽きてくる
生き物だからどんどん進化させていかないと。

他の抜きばかりやって自分の演技がおろそかにならないようにもしたい

今回、正式な演出家がいないのが本当に残念だけれど
昨年、一人でMMをやってきて
今年はメンバーが5人になって
随分と成長してきている

作品としてはまだまだ拙いけれど 一年間、細く、長く、稽古し続けてきて 成果が出せたら嬉しい
後輩たちに自分が学んできたことを教えながら 自分自身も学ぶ

その場から決して離れないこと
相手のエネルギーをもらって自分の演技に反映させること

今までやってきたようなカッコイイ役じゃないから もっと密度を濃くして 良いものを作りたい

いいメンバーに恵まれて 良かった

reminiscence第1回公演 「思いだす」 岸田理生/作 
2012/12/28 20:00 
2012/12/29 14:00 18:00 
@PerformingGallery&Cafe絵空箱

12月30日追加公演決定! 時間はまた追ってお知らせいたします。 ご予約お早めに

2012年11月12日月曜日

お稽古日誌

日常に埋もれて 息が詰まるほどに苦しくなっていて
これはきっともうダメだ。。。と思った昨夜
久しぶりにみんな揃った稽古で

終わったとたん 霧が晴れたかのように うんと楽になっていた
舞台がないと生きて行けないな あたし

来月末に 「思いだす」 絵空箱でやります。

2012年10月31日水曜日




お待たせいたしました。
やります。


2012年8月5日日曜日

稽古再開

7月1ヶ月お休みをしていた 「思いだす」のお稽古
本日再開しました。

やっぱりお稽古楽しいな
楽しくて鳥肌が立った

それとともに 自分の限界を感じる

まだまだ伸びるっていうか まだまだできることがたくさんあったあの頃は
がむしゃらに楽しかった

今はもっとなんて言うか 熟成させつつ 少しずつ修正していくようなイメージ
でも ゆっくり作り上げていく楽しさはたまらない

1年もかけて 作品づくりできるなんて なんて幸せ

やることたくさん 盛りだくさん

そして今週金曜日の夜はなんと 深夜練習をやるのですよ
なんかワクワクしちゃうね

12月28,29日の本番に向けて ゆっくりと這っていく

2012年6月30日土曜日

ここのところ

6月が終わる

7月はみんな他のことで忙しくてお稽古ができないんだ
私も旅行や出張で大忙し

理生さんの命日は韓国にいた 岡谷に行かなかった命日

それから先月はカッキーに見てもらって
その後は丈吉にも見てもらって
それから音響オペにたかねちゃんを迎えて
にわかににぎやかになってきて嬉しいんだ

なかなかお稽古はできないけれど
少しずつだけれど 良くなってはきているよ

こんな風に少しずつ ゆっくりと作品を作り上げていくのって
なんだかいいね 大切にしている感じだ

2012年4月28日土曜日

なんちゃって

山崎努さんの「俳優のノート」の中に
コーデリア役の若い女優さんがうまくいかなかった時
演出家(鵜山さん)が「台詞の合間に『なーんちゃって』を入れて」と指示した

というエピソードがあって
最近レミニッセンスのお稽古でそれをよく使ってみている

例えば preparationをしっかりやると
溢れんばかりに目に涙を溜めた状態で第一声を始めてしまう
そうじゃなくて preparationをしっかりやった後
わざと「なーんちゃって」と言い 一旦キモチをすっかりリセットする

みんな せっかく準備した想いを失うのが怖いのだ
だけど きれいにリセットしても 準備した想いは ちゃんとなくならない

「なーんちゃって」でにっこり笑っても
ある言葉にキックされて さっきまで準備した設定がふっと湧き上がる
それは意識して一生懸命継続している思いと違うので より自然に より印象的に現れる



それともうひとつ。。。。

例えば冒頭のシーンはどうしてもみんな印象的に作ろうとしがちなのだけれど
わざと 笑ってやったり 怒ってやったり 大泣きしながらやったり
そんな風に極端に演じてみることで いろんなものが見えてくる
自分の中に埋もれている 新しい演じ方に出会える

確かキムさんが「体の形に出会う」という表現をしていて素敵だと思ったことがある
自分の演技に出会う感じ 素敵

人間は泣きたいときは笑おうとするし
怒りたいときは隠そうとする
ネガティブな感情を無意識にごまかそうとするものなので

泣きそうなシーンではわざと笑ってみるといい
演技がより印象的に強くなる

2012年4月1日日曜日

10日ぶりのお稽古

二足の草鞋なので お稽古を毎日するわけにいかず
スタジオの予約もなかなか取れなくて
今日は10日ぶりのレミニッセンス『思いだす』のお稽古でした

今日は詩織ちゃんと二人だけだったのですが、
まずはいつもの30分簡易身訓をして
とりあえず二人で通しをし、ちょっと気になるところを小返し

待っている


黙っている

を やってみたのだけれど
って 私じゃなくて 私は見ていただけで 詩織ちゃんがやってみて
わかったことがたくさんあった

「黙っている」のところが かなりのクライマックス
次回ちゃんとここ抜きでやらなくちゃ とか

待っているって 何を待っているの?とか

ただ流してやっていてもわからないことが
構造分解して 一つ一つの行為を丁寧に繰返してお稽古していくと
物語全体が見えてくる不思議
ミクロからマクロへ

私自身のヒミツが欲しいと切に望んでいた彼女は
皮肉にもとても大きなヒミツを抱えてしまったというお話

黙っている ヒミツ

暗室の ヒミツ

『思いだす』稽古はいつでも公開しています
ちょっと見てみたいだけの人も
ちょっとやってみたいだけの人も
お気軽に東麻布のスタジオまでいらしてください。

来週の稽古は下記の通りですが 予定は結構変わります(各3時間ずつ)

04-02 21:10
04-05 20:10
04-08 21:00
04-11 19:30
04-12 20:30

2012年3月31日土曜日

『思いだす』仮予定

2012年12月末に 『思いだす』公演します。 2日間予定

出演者は3名
一人芝居用のテキストを3人でやる

私たち不器用なんで 1ヶ月稽古とかで作品作れないから
今年1月からお稽古始めた

シンプルだけど 後からじわっと来るような 深い作品にしたいです。


2012年3月15日木曜日

【稽古日誌】思いだす


2012/03/14  18:30~22:30 B1スタジオにて 参加者:YUKI、詩織
(#は思いついたアイデア)

18:30~ 身体訓練 OP:股割滑舌
19:00~ 摺足
19:30~ 休憩 準備
 preparationの仕方:
 場の情景を詳細に思い浮かべる 色、匂い、古さ、天気、気温、季節、音
 例えば その「場」に大切な人がゆっくりと現れる
 例えば その「大切な人」に向かって 言いたかった一言を投げかける

19:50~ 通し 詩織ちゃん preparation後開始
 # それぞれが 椅子・テーブル・ベッド に座っている
 # 4:30辺りの 水の音から電車の通る踏切までの間が短すぎる
 # ナレーションを機械のようなエフェクト音にしてもいいかも

3)の笑む を録音とずれてもいいからしっかりやること
4)「揺らぐ」というガイドを無音にしている理由を再確認
 「揺らぐ」という行為をするのではなく、 「思いだす」という行為の結果「揺らぐ」
6)ふと聞くは 「呟く」 「発語する」とは違うのである 
8)思いだす の前の余裕が少ない (無音追加)
 # 懺悔聴聞僧 を ばらばらにリフレイン

12)思い出したくないこと って具体的に何? 明確に想定すること
13)してみる 
 # 酒を飲む 薬を飲む、布団をかぶるを実際に行為としてやってみる
   のはいいかもしれない繰り返し繰り返し

19)立ち上がり、出て行く
 踊るのは高い位置の方がいいかも
 寝転がって自転車をこぐのは私もやった
 もっと思い切り 歌う もっともっと

23)叫ぶ で 天を仰いでいたのはなぜ?
27)のサイレンはもっと大きな音の方がリアルに飛び起きられるかもしれない
 # 報告1の前に無音挿入
 # 報告1は特にナレーターのように正しく

41かごめかごめはとても良かった
48)ゆっくりと 座る をうんとゆっくり座る
50)の長台詞 「世の中、悪い」は怒り この感情に共感する 感情を押し殺した女性
 ツイスト  怒りが噴出すると向こう側へ行ってしまう 

51)~55)までの録音は間に無音を挿入してもう少し間隔をあける
57)どうして自分が火をつけた? 理由を明確に
59)夏の音 笑い止めなくていいと思う
60)老いて行く の台詞のスピードはもっとゆっくり
  「思いだす」台詞は本当に夢見るようにうっとり 

21:05 地震(震度5)で中断 休憩

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

21:30 discussion
 長台詞のところの、怒りの感情について 共感・設定・構築 についてのレクチャー

抜き稽古
24)笑う で ツイスト 確認

次回、56)~59)を丁寧にやりたい
42)~47)も51)~55)の連続も 
 # 刑務所

2012年3月7日水曜日

感じること 表現すること

「本当に感じること」 と 「感じてることを表現すること」 この2つに真摯に向き合う 丁寧に


表現するというのは
ちっちゃい子が ママンに
「ねぇねぇ、お月様食べられちゃった」って説明するのと同じこと

私たちは 安心で 安全な場所で
感じたことを 自由に 奔放に 表現していい
「虫さんいたい?」

子ども時代のように
何を言っても 否定されない安全さは
大人になった今は 誰も保障してはくれないので
自分で守る

わたしは どんなことを表現しても
誰にも否定されない
だって それは 本当に感じていることなのだから

だから まずは 本当に感じることが大切
その瞬間に本当に感じていないことを表現することなど
少なくとも 私にはできない

2012年3月1日木曜日

超絶アングラ発生技法

えっとね えっとね

今日は『思いだす』の稽古の合間 息抜きに
『オフェーリアマシーン/ハムレットマシーン』と
『ハムレットマシーン』を 超絶アングラ発声法wでやって見せたりしたよ
久しぶりに思い切りやれて 楽しかった

それと 今まで自分では いまいち理論的に何が違うのかわからなかった
台詞を粒立てて発語するやり方とか
教えているうちに随分わかった

教えることが自分自身の身につくというのは本当にそうだ
教えることで 自分はもっと学べているんだと思った

こういう機会を与えてもらえることが ありがたくて 嬉しいし 楽しい

大事なこと 大好きなこと 伝えて残して行かなくちゃって思った

理生さんのお芝居のエッセンスとか ほんの少しでも
伝承していく使命があると思った

もちろん「それはあんたじゃない」って思う人もいるだろうけど
私は私のやり方でやってっていいと思った

『思いだす』 なかなか面白くなりそうです
やることたくさんあって 時間が全然足りない


2012年2月24日金曜日

自分の感覚だけを信じる

昨日の公開稽古に初めて 参加してくれた若手の女優さんと
 稽古中に話していて気づいたこと

「自分が気持ちよくなっちゃダメだ」
「説明的な演技をするな」

こんなことを言われた経験のある役者さんは多いはず

だけどね ちょっと待って
そのままの意味でとっちゃダメ

まずは演技をする上で「しちゃいけない」ことは何もないんです。

それと 絶対的に自分の感覚を信じて
AパターンとBパターンの演技があって
どちらを取るか迷ったら
自分の腑に落ちる つまり「気持ちのいい」方を選ぶ

まずは自分が納得して
自分が心地よいと感じる方法じゃないと
観客には伝わらない
観客に伝えるために
まずは自分の中を通さなくちゃ

で 観客に伝えるためには
自分がたったいま その場で感じていることを 誰かに向かって説明して
あらゆる方法を使って
自分が感じた感覚を 誰かに伝えるの
伝えるためには何らかのactionが必要
演技(acting)って 私はそういうことだと思うのです

「自分だけ気持ち良くなるな」とか「説明的な演技をするな」ってのはそのもっとずーっと後の話

やっぱり何事も 自分の感じていることをみんなに知ってほしいっていう欲求がスタート地点でいいんじゃない?

2012年2月19日日曜日

まずは楽譜を作ります

稽古ノート
2月19日『思いだす』朝稽古6:50〜9:50

一番言いたいことは何?
とうさんに一番言いたい一言

魂に役が降りてくることと
演技を緻密に構築するのは
まったく別のことだし
再現性の点で矛盾しない

古典音楽の楽譜には音符だけでなく
強弱記号や 繊細な情感を指示する言葉が書かれている
同じ楽譜を使っても奏者によって
まったく違った演奏になるのと同じ

まずは自分だけの緻密な演技構成の台本をTRY&ERRORで作り上げよう
演奏するのはその後でもいい


苛立ちの濃度
例えば10段階の強弱
苛立ちの色 匂い 厚さ

苛立ちの対象は何?
過去の自分? 目の前にいる相手? 聞こえてくる繰り返す音? 眩しすぎる光?
五感の一つ一つで試してみる


台詞を軽く割る
条理と不条理の境界線をスイッチする手段

2012年2月12日日曜日

【思いだす】稽古日誌

9:30ー11:40
1回通し:二人ともイマイチノリが悪く、流しただけといった感じ

2頁目を対話を意識してやってもらう

同箇所相手の反応を意識して

1、2頁をとにかく楽しくはしゃぎながら

2012年2月10日金曜日

グレイズ・アナトミー

アメリカンドラマにはまってる

みんなが騒いでいても どこ吹く風と知らん顔していたのに
今は暇さえあれば見てる
しまいには「英語の勉強」とか言って 音声録音して 移動中聴きながら
朝っぱらから「ジョージ・オマリーが死んじゃう」って泣いたりしてる

きっかけは正月休みで
珍しく一人で暇だからHuluの1ヶ月無料キャンペーンに登録して
まんまとそのまま継続させられたという訳

何しろDVDレンタルみたいに 届くまで待たなくていい
難点は今の住まいの通信クオリティが低いので夜のゴールデンタイムに途切れてしまうこと
そういう時は諦めて寝る

役者さんみんな素敵だけど
特にクリスティーナ役のサンドラ・オーがいいんだ
美しくないのに とても魅力的で奥の深い演技をする
ちょっと調べたらあの顔はアメリカではアジアンビューティー顔らしい
アメリカは顔じゃなく演技力で選ばれるんだなと関心してたけど
やっぱりそれだけじゃだめなのね

でも 途中からレギュラーになったカリー役の女優さんも えらい体格が良いのに sexyな設定
痩せてりゃいいって訳じゃないよね うん

長く見てると
レギュラーで残る人は他にない自分の魅力を表現できる役者さんが多い
取替のきかない演技
それとウィット
カッコつけたり シリアスな演技をできる役者さんの お茶目なシーンが とてもいい
演出も脚本もいいんだろうな

2012年1月26日木曜日

戯曲を読む会

開催することを今朝知って
夜のスタジオ予約はキャンセルして
迷わず参加した
女性だけ8人
今日読んだのは
『愛』 岡本かの子
『輪舞』マルトゥル・シュニッツラー
『ベルナルダ・アルバの家』ガルシア・ロルカ
どれも初見で どれも素敵だった
新しい戯曲との出会い
新しい仲間との出会い
こういう機会は 本当に ふっと
思いがけず やって来るものだな
もろもろ勇気が湧いた

2012年1月18日水曜日

思いだす

その昔 前川麻子さんが高田馬場プロトシアターで演じられた『とぷとぷ』の台本を探しあぐね
所有者であろう大橋さんに連絡を取るすべなくいたら
ふと 森下眞理さんがやはり同じ時期に演じられた『思いだす』の台本を見つけて
年明けから毎週取り組んでいる

いずれも岸田理生さん作で
『とぷとぷ』は観たことがあるが台本は持っていない
『思いだす』は観たことはないが台本は持っている

岸田事務所+楽天団にいた頃
理生さんが若手女優を集め『思いだす』のテキストを使ってWSを開いていた

なんだか途中で怖くなって
稽古を辞退した

その作品を改めてやり直してみているのだ
年末から参加した
元ルーデンスのえめさんと二人で

やるたびに発見がある
深くて興味深い
若い頃には出来なかったことに
今になって自らトライしている

演じることの本当の意味を知る作業だ
6月に 4、5人でやれたらいいなと思う

作品との出会いも大切だ

2012年1月13日金曜日

若手男性メインキャスト募集

知人から頼まれたので掲載

□□□□□□□□
LinkProjectでは、日本ジョン・スタインベック協会後援で2012年5月に上演する舞台『爛々と燃ゆる』の若手男性メインキャスト1名を募集しています。
■公演概要
・Jスタインベック原作『爛々と燃ゆる』
・2012年5/16〜19
・渋谷ギャラリールデコ
*後日、地方公演の可能性アリ

*Jスタインベック:20世紀アメリカ文学を代表するノーベル文学賞受賞作家。代表作『エデンの東』『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』など

■オーディション概要
・1月28土18時〜
・1月29日13時〜
・都内(書類審査合格者のみに通知いたします)
・演技・面接

■募集キャスト
・ビクター:自惚れの強い勢いのある青年。初めて女性を本気で愛し、必死に求婚する。4人芝居の1名。

■参加費用
・応募・審査に費用は一切かかりません
・チケットノルマ2500円×30枚程度

■稽古概要
・都内
・2012年3月(週1〜2回程度)4月(週2〜4回程度)公演前10日は連日終日稽古予定。(NG応相談)

■応募条件
・20代または20代に見える男性。経験不問。
・稽古に8割以上参加出来る方

■応募方法
下記項目1〜10を記入の上、1名で写っている顔のハッキリと分かる写真(写メ可)を添えてメールをご送信下さい。
LinkProject
スタインベック企画
プロデューサー:小澤宛
ranranto@mail.goo.ne.jp
1.氏名(ふりがな)
2.芸名(ふりがな)
3.住所
4.電話番号
5.生年月日
6.年齢
7.身長
8.体重
9.血液型
10.芸暦.レッスン暦.自己PRなど

2012年1月2日月曜日

You raise me up.

今年初めていただいた年賀状に
昨年のMMの感想が書かれてあって
2012年も何か見せてね楽しみにしてます。とあって

うれしくてじんわり来た

演出もついていない拙いパフォーマンスに
わざわざ遠くから足を運んで見に来てくれて
そして応援してくれる

そういう人が一人でも二人でもいるから
正月早々 お稽古頑張ってます。

まとめてのお休みって じっくり稽古できるから これがいいんだ。
やるたびごとに 何かしら発見がある

2012年1月1日日曜日

龍の年

東京タワーと共に年が明け
確かに穏やかな幸せを感じる真夜中
昨年は本当に大変な思いをしてMMを5回やり

そのお陰で ほんとうのことが
たくさん見えてきた
ほんとうに私が望んでいること
ほんとうに私が居たい場所
彼らが私に望んでいたこと

ほんとうの私でいることを
望む人 望まない人

何より背中を押してくれた
たくさんの人たちと
応援してくれたたくさんの人たちと
観に来てくれたたくさんの人たちに
感謝のキモチ

小さくてもいいから
自分のままでいることが
何より大事なのだと
学んだ一年でした

最後にこの場所に来られたことに感謝
本当にしあわせです

さようなら過去のいろんなこと
おはよう新しいたくさんのこと

今年も みんな ほんの少し
前に進もうね