2011年8月21日日曜日

コラボレーションて

昨日は今回一緒にやる後藤理絵さんと打ち合わせをした
たぶん昨日の打ち合わせが本番前の最終打ち合わせ
今回は共演するわけではないので
作品の内容について打ち合わせすることがないので比較的楽だが
実際コンテンツまで共有する相手とはかなり気の合う必要がある
たぶんプロの人たちはそんなこと言ってられないのだろうけれど
私は舞台は好きでやっているので 合わない人たちと無理してまで合わせて
自分を殺してまでやりたいなどとは思わない

そういう意味で 前回ご一緒させていただいた
ギターの中村氏は 意外にw気の合う方だった
もちろん彼の人柄もあるのだろうが
そしてこの場合の気が合うというのは
「作品作りにおいて」という意味で なのだけれどw

はっきり言って他のことはどうでもよい
作品作りに対するスタンスは 作り手それぞれでみんな違う
自分のペースや手順がみなそれぞれ当たり前のことだと思っているけれど
実際は かなり独自のもので 他の人とは相容れないことの方が多い
それをうまく 妥協したり お互い近寄ったりして やっていくのが協働作業なわけだけれど
私にはまだ なかなかそういう度量がないんだよな

みんな勝手に思い込んで 確認をしないまま進んでいく
だって言わなくてもこれって当たり前でしょ?と
だからこまめにコミュニケーションをとることが一番大事
それを面倒くさいとないがしろにするのは未熟なだけだ
面倒くさがった結果も受け入れたらいい
これは作品作りに限ったことじゃなくて 生きるすべてのことについて

0 件のコメント: