2011年7月6日水曜日

ゲキシネの不思議

先週 ゲキ×シネ 劇団☆新感線 『薔薇とサムライ』を観に行った
水曜日はレディスディ 1000円札握り締めて 都内帰り道の映画館
だのに ゲキ×シネは入場料2500円でした なんで?
料金のせいなのか お客さんも少なかった

新感線を観るのも ゲキ×シネを観るのも初めて
天海祐希さんファンなので 観に行った
どうかなと半信半疑で

結果

面白かった
生の舞台を観ているようだったし
生の舞台よりも見やすかった
何より大事なところで役者の顔がアップになったりするのだ
これはいい! 「これは映像なんだ」とフィルターにかけられているような感じもまったくなかった
映画よりも舞台よりもいいんじゃないかコレ?とちょっと思った
まあ内容にもよるかもしれない
他のも見てみよう 今度はシネ歌舞伎かな

終演後 本当にまるで生の舞台を観たように拍手をしそうになった
してもいいと思う

いいなーゲキシネ それと新感線 もっと早く観ておけば良かった
好きなタイプのジャンルじゃないんだけれど うまいと思った

面白かった

0 件のコメント: