2010年12月9日木曜日

リア王

随分久しぶりにカトレア読書会で仙川のniwa-coyaさんへ
懐かしい面々と新しい面々
息のつける空間と美味しい珈琲

今日は珍しくシェイクスピア
「リア王」
好きな作品だった

幸い女性参加者が三人しかいなかったので、すんなりとゴネリルに決まる
嬉しい
リア王ならゴネリル
マクベスなレディ・マクベス
業の深い女性が好き


リア王は何度読んでも
ただの悪人が一人も出ていないなと思う
マクベスもハムレットも
善と悪がはっきりしているのに
リア王はゴネリルもエドマンドも本当の悪人ではない
一見悪業に見える行動に向かわざるを得ない彼らの下地がしっかりと描かれている

自身の置かれた境遇から
心を閉ざして生きるしか
いられなかった悲しみが


舞台には上がれていないけれど
物語を声に出して読むだけでも
幸せなんだな 本当に


20日には鈴木忠志さんのリア王を観に行く
近頃ずっとリア三昧

0 件のコメント: