2010年7月7日水曜日

稽古日誌100706

石になる 止まる
動かない 絶対に動かない
すると感情が動き出す
「止まる」という動作に
魂が激しく動き始める

汗が落ちる
涙を流す
瞬きができない
激しく感情が沸いてくる

音の洪水が激しく私の身体を
通り過ぎていく
慌ただしく

さっきまでの溢れ出す
硬直したキモチが
柔らかくほどけ
二本の腕が
勝手にフォルムを作り出す

私は前を見続ける
息もつけない

世界にはただ私だけが
取り残されている瞬間

誰にも邪魔されない

0 件のコメント: