2010年5月13日木曜日

やってはいけないことは何にもない

森へ行った 森へ 本当の意味で 森へ行った

5月8日~11日まで「輝く未来初夏の合宿ダンスワークショップ」に参加する為に
山梨の河口湖畔へ
久しぶりの輝く未来に今更 のこのことどんな顔していたらいいのかと
少し怖かった参加前でしたが
参加して本当に良かった

久しぶりの伊藤キム氏のワークは
私が大人になったからなのか
それとも彼がやはり経験豊富になったからか
昔よりずっとすんなりワークの内容が私の体と心に染みていった
そりゃああれから17年も経ってるんだ

3日目は全員で森に行き 目隠しして
裸足で柔らかい土に触れたり 樹の皮を剥いだり
本当の意味で 森へ行った
森とあんな風に触れ合ったのは生まれて初めてだった

少しだけ怖かった

それから4日目私はみんなに言った
「やってはいけないことは何もない」
私が今回のWSで一番学んだことがこれ

評価されることを気にしたり
見えない敵に怒られるのではないかと臆したり
失敗するのではないかと萎縮してしまったり
そういうのが一番つまんなくなってしまう

何でもしていい 誰かを傷つけたり
自分を傷つけたりしなければ
やってはいけないことは何もない

また行こう キムのワークショップ

0 件のコメント: