2010年4月8日木曜日

停滞期

何かを「表現する」というのは
「おなかがすいたから何か食べたい」や
「眠い 寝る」と同じぐらいの
基本的欲求だと信じている

そして表現するのもご飯を食べるのも眠るのにも
大変なエネルギーを必要とする

例えば不意に電車の中で
見知らぬ男に殴られて
そんな風に仰天な出来事に吃驚して
けれどその直前には
大変仲良しだと思っていた女子から
「あんた嫌い 本当は嫌い」などとどうでもいい告白をされたりして
ますます吃驚仰天して

エネルギーをスポイルされる
スポイルされる?
スポイルって私のイメージでは
スポイトでエネルギー油(灯油みたいな感じ?)を吸われるかんじ?

で、よくわからないけれど
使い方があっているか調べる気もないけれど
スポイルされちゃって
ストーブが着火しないので

仕方なく寒さの中
一人で毛布を被ってじっと待つ停滞期

だから今日こんなことでも書けるようになったということは
多分優しい人々に灯油を少しずつ分けてもらって
弱火でもついた

さ、ガソリン掘りに行こうっと

0 件のコメント: