2010年4月19日月曜日

100円の評価

土曜日のこと
けいこちゃんに何度か誘われて
ある芝居を観に行く
それはとてもとても小さな公演で
劇場もとても小さな箱で
御代は見終わってからお好きな額だけお払いくださいとのことだった

振り返って見れば
誘われて何となく行ったイベントがなかなかいい結果になることが多いので
せっかくだから行ってみようと
それほど期待もせずに観に行って
結果 私は1円も払わなかった

正直な評価
私達は観客の好意に甘えてはいけないのです

劇場でたまたま会った知り合いの俳優さんは
100円入れたと言っていた
100円って。。。私なら逆にキツイかもw

その日のお芝居の内容はともかく
こういう小さな場所で何かをできるのはいいかもと思ったり
御代が後からっていう自分に厳しいシステムは試してみてもいいかもと思ったり
衣装は大事よねとか 反面教師的に
いろいろ考えさせられた

それから 帰りにお酒でなくお茶を飲みながら友人と芝居の話
芝居人で酒が入らずに語り合えるって素敵な経験だった

もっと毎日芸術の中に浸っていたいのになぁ

2010年4月10日土曜日

ウィンドミル・ベイビー

http://mube.officemube.com/windmilbaby2010/windmil2010.htm

和田さんからお芝居の案内が来ました
「ウィンドミル・ベイビー」

私が芝居を始めた劇団 私の生まれた場所「岸田事務所+楽天団」の演出家
和田喜夫さん演出で東京・福島・宮城と旅するそうです
東京 座・高円寺での公演日程5月8日~10日は
輝く未来の初夏のダンス合宿とかぶっているので
私は
●福島公演
6月3日(木)
〈会場〉いわき芸術文化交流館アリオス小劇場
に行く予定

いわき湯元では妹が遊湯亭という旅館をやっているので
そこに泊まって温泉に入ってという算段

まだ先のことだけれど楽しみ~

髪も短くしていい感じだし
いらないものはどんどん捨て去って
しがらみも捨て去って
いるべき場所へとゆっくりでもまっすぐに進みたい所存

2010年4月8日木曜日

停滞期

何かを「表現する」というのは
「おなかがすいたから何か食べたい」や
「眠い 寝る」と同じぐらいの
基本的欲求だと信じている

そして表現するのもご飯を食べるのも眠るのにも
大変なエネルギーを必要とする

例えば不意に電車の中で
見知らぬ男に殴られて
そんな風に仰天な出来事に吃驚して
けれどその直前には
大変仲良しだと思っていた女子から
「あんた嫌い 本当は嫌い」などとどうでもいい告白をされたりして
ますます吃驚仰天して

エネルギーをスポイルされる
スポイルされる?
スポイルって私のイメージでは
スポイトでエネルギー油(灯油みたいな感じ?)を吸われるかんじ?

で、よくわからないけれど
使い方があっているか調べる気もないけれど
スポイルされちゃって
ストーブが着火しないので

仕方なく寒さの中
一人で毛布を被ってじっと待つ停滞期

だから今日こんなことでも書けるようになったということは
多分優しい人々に灯油を少しずつ分けてもらって
弱火でもついた

さ、ガソリン掘りに行こうっと