2010年1月20日水曜日

雨を乞わぬ人

中野ザ・ポケットにて
黒色綺譚カナリア派
雨を乞わぬ人
を観てきました

最後の巫女が歌う前から泣きました
やっぱり芝居って上手いとか下手とかじゃないよなあ

作品としても物語としてもとても良かったですが
そこはそれ
笹森幸は女優なので
役者の好き嫌いを
書かずばなるまい

首都からやって来た女の子堂々としていて良かったです
歌も踊りも上手で顔の表情がまた大胆で感服しました。私にはあれはできんだろうなぁと羨ましい限りです

首都から帰って来た妹さんも上手だった
何かあのやりきれない哀しみに共感

うりこ役の人も上手でしたね

カズオのお姉さん役の人も踊りが上手で清々しかった

それから男子はやっぱり太鼓叩いていた人かな
一番役にすんなり入り込んでいて何の引っ掛かりもなく見れました

長男役クールで好印象

赤澤さんは言うまでもなくだが、あんなにお歌が上手とは知らなんだ
マイク片手に巫女姿で歌う赤澤ムックさんに痺れます

踊りも楽しかった
音楽劇と言うからにはもっと全編歌って踊ってかと想像していたら
思ったより歌舞は少なめでした
是非次回もっとガンガン歌っていただきたいものです

クライマックスで歌われちゃうともうたまんない

いやぁ観て良かった
いい作品見られて
作り手の皆様に感謝です

0 件のコメント: