2009年8月26日水曜日

吸血鬼

始まりは京橋の図書館だった
私は19歳で浪人中で
新富町にある父親の事務所に通っていた頃
外界と繋がることが難しかった時代に
毎日図書館に通って何かを探していた
本を読むためだけにやっと生きていた

理生さんの吸血鬼を読み
最後のページに上演時のキャスティングを見つけ
程なく岸田事務所+楽天団の劇団員募集の広告を雑誌『新劇』で見つけた
『私について』という作文を何度も何度も書き直して送り
入団試験を受けイオの会に入り
その時から私の
女優としての人生が始まった
現実と繋がり始めた

劇団で触れる何もかもが新鮮で楽しくて
先輩から多少嫌味を言われても
何も辛くなかった
ただただ夢中にのめり込んで
他の何もいらなかった

行くべき場所に行く時は
「応募書類を作るのがめんどくさい」などとはきっと思わないものだ

数ヶ月経って演出家の和田さんが私に言った
「幸は顔が変わってきたな。ここに初めて来た時は死にそうな顔をしていた」
和田さんはいつもモゴモゴと何を言っているのか判りにくいのだけれど
時々伝わってくる言葉はいつもとてもとても大事な言葉になる
アゴラ劇場での「阿呆列車」を見に来てくれた時は
「幸は水みたいだな」と
それでここがwater loverになった

多分両親は私が死にそうな顔をしていたことになど気づいていなかっただろう

2009年8月25日火曜日

狂気の表現

朝テレビでGacktがしゃべっていた

映画「レオン」でヤクチュウの刑事が後ろを向いて薬を飲むシーンで
背中で演技できるのは素晴らしい

ナチュラルな演技を目指している役者さんはたくさんいるが
自分は狂気の表現が好きなのでそこを目指して行きたい

緒形拳さんと大河で共演した時に「とにかく笑顔を届けろ」と言われた
「笑顔を表現しろ」と


あぁそうか
みんながナチュラルを目指しているからと言って
私も合わせなくちゃいけない訳じゃなかった

私は
より
エキセントリックに
いきたい

2009年8月12日水曜日

来来来来来

D列1番

1番端っこ

初本多劇場
出演することも
観に行くことすら
縁遠かった劇場

ある意味念願叶う
いずれ出よう(野望)
劇場スタッフがなんかウザかったです
客に対して粗雑過ぎます


さてさて本題
出演者は女5人のみ
男性がチラッと出てくるけど
ほとんどエキストラ程度
野鳥園がある油麩揚げてる有刺鉄線に囲まれた家に嫁いで
新婚一ヶ月で旦那に逃げられた嫁の話
木野花さんが姑
りょうが陸自あがりの嫁
他に小姑と油麩揚げてる近所のおばちゃんが二人
嫁と仲良しのいじめられっ子女子高生

ま、簡単に言うと橋田壽賀子的嫁姑話なんだけど
なんせ本谷有希子さんなので
薄ら暗くディープな嫌悪感いっぱいの舞台です
ハイ

だっていきなり猟銃だし
鳥の羽むしってるし
油だし
DVとか気狂ったり
下の世話やら
ヤリマンなご近所さんとか
もう気色悪いエピソード満載なんだけど
面白いなぁ本谷さん

独特な世界観なんだけど
見たくないし
見せたくないんだけど
絶対みんな普通に持ってる感覚なんだな

だって「とにかく頑張るしかない自分を誰か誉めて、なでなでして」って
みんな思うよね

あたし
りょうがおばあちゃんになでなでされた時
キュンと来ちゃったな


主役はりょうじゃなくても良かったんじゃない?と思ったけど
最後にぶちきれてからのりょうはなかなか素敵だった
ただ、舞台で見るには痩せすぎ
テレビの女優さんてみんなあんな感じ
顔小さくてガリガリの骨皮筋子ちゃん
仕方ないんだ
カメラだとあのぐらい痩せてないと綺麗に映らない
でも、私はやっぱり舞台は
そこで蠢く肉が観たいんだ
生命を感じられる肉が見たいんだ

まぁ正直演出に拍手かな

木野花さんは迫力ありました

音楽も不気味で良かった

舞台美術と転換にも拍手
お金たっぷりかかってます

CoRich

135kgで42歳のファッションモデル



昨夜「魔女たちの22時」という番組で
「体重135キロのいじめられっこだったのにゴルチエのパリコレモデルになったヴェルヴェットさん 42歳」
というのを放映していた

モデルになりたいとオーディションを受け続けても、太っていると落ちまくる。
それでも「自分にしかない美しさがあるはず」と前向きに
夢をあきらめずにオーディションを受け続け、
ついにジャンポール・ゴルチエから2007年春夏コレクションのオファーを受ける。
この時、ヴェルヴェット39才。
自分を信じてモデルを目指してから、約20年の歳月を経て夢が叶った。

すげぇ、この人本当にすごい
「自分には自分にしかない美しさがきっとある」と信じていられることが本当にすごい
私なんか落とされたらすぐ凹む

この記事を書くのにネットで調べていたら
このベルベットさんがゴルチエからオファーを受けた背景には
どうやらここのところの「痩せすぎモデル禁止」規制に対する反応との見方もあるようですが
だとしても
このベルベットさん堂々としていて美しくて
とにかく楽しそう

太っていてもウエストのくびれもあるし
体のバランスが素敵なのです

超マイナス思考を反省させられる一件でした

2009年8月6日木曜日

モモとジジ

仙川のniwa-coyaへ
本読みに行く
12月の公演に向けて
風煉ダンスが始動したらしい

アンデルセン童話やら何やらのパロディな話で
私は「裸の王様」の仕立て屋2とモモの鬼部長をやらせてもらった

ちっともそんなに
好きなお話じゃなかったけれど
何者かになって
台詞を読んでいるのは
やっぱり楽しかった

子供がたくさんいたので
子供に向けて読んだ

白雪姫のママハハとか
雪の女王が出てきたらいいのに

早めに帰りながら思った

私の居場所が
早く見つかればいい