2009年7月19日日曜日

「べきこと」を捨てる

金曜日1回目
いまひとつうまくいかない
共演者の緊張状態に気をとられて
その世界に入り込めない

前日「異人たちとの夏」を観たからイメージは前回より確実にあるはずなのに
イメージを追ってもうまくいかないという好例だ

反省して2回目
前回と同じように
目の前にいる息子を
自分(インナーチャイルド)に設定してみる
集中し続けるのが難しいけれど
何もないよりは入り込める
けれどうまくできるときはこんな力もいらないはずだ


忘れてみる
段取り、ミザンス、台詞
「やらなければならないこと」をすべて頭から追い払って
今、いる、この場所にきちんといてみる
100%その場にいてみる
すべての「べきこと」から離脱して

稽古なのだから
そのぐらい思いきってみたい

次回は最終

0 件のコメント: