2009年6月15日月曜日

役者の心意気

日曜日の朝「ぼくらの時代」という番組に岸谷五朗さんと寺脇康文さんが出演されていた。
岸谷さんが言うことには
「芝居を打つとバイトに行かなくなるからすぐクビになっちゃう
俺ら雇い主側から見たら最低の労働者なわけだよ」
寺脇「なるべく頭使わないバイトが良かったよね。頭で台詞返しながら、ずっと皿洗ってるだけとかね」
岸谷「とにかく芝居のことだけ考えていたかったんだよ」

空いた時間に芝居をやるんじゃなく
芝居をやるために働き
芝居をやるための環境を徹底的に揃える
岸谷さんによれば
寺脇さんはみんなが正月休みで実家に帰省している時も稽古場に行って一人で稽古していたそうだ
彼らはきっと有名になるために努力していた訳じゃなく
ただ本当に芝居が好きで他のことの何倍ものエネルギーを芝居だけに注ぎ込んで来ただけなのだ。

余計なことは捨ててしまおう
嫌なことに時間やエネルギーを割くのはやめてしまおう
好きなこと
心地よいことだけに
心血を注ごう

0 件のコメント: