2009年1月24日土曜日

考えるな 動け

先日の「アングラ女優」に引き続き
軽い自虐ネタかもしれませんが

21歳で「岸田事務所+楽天団」の入団試験を受け
それから半年と経たないうちに劇団本公演に抜擢されてすぐに
年下だったけど先輩の女の子にこう吐き捨てられたことがあります

「このテンション役者がっ!!」

それから今まで、ブランクはあるものの
結構長いことお芝居を続けてきているけれど
私は相変わらずこの時と変わらない「テンション役者」で
人様に自慢できるような技術の一つさえ持たずに
その場の雰囲気とテンションだけでお芝居を続けてきちゃった

きちゃった

いやむしろ技術や理論に偏重することをよしとせず
技術を習得することを避けてさえいたかもしれない

けれど 歳を経るごとに
避けてきた「技術」を求められることが多くなり
それらの技術を習得していて当然と思われるようになり
たとえ感覚から偶然出てきた演技でも
「技術」と「経験」の成せるわざだと思われるようになり

これまでテンションとセンスだけの不安定な演技ばかりしていた私は
本番はともかく稽古中に手を抜いているとでも思われるのか
共演者にキレられることが多く
泣かされたり、大喧嘩したりと
精神的に無駄なエネルギーを多く浪費していた

これでは身が持たんと一念発起して
昨年やっと心日庵の門を思いきって叩き
理論と技術をゆっくりと磨き始めたわけですが
何せ元々がおおざっぱなテンション役者なので
「理論」とか
左脳で考えるのとかが最も苦手で
それを始めると
途端に身動き取れなくなってしまうという有様
芝居以外のことはほとんど左脳上位で活動してるのに
これが不思議

けれど昨日のテレビで中村勘三郎一家のドキュメンタリーを見ているときに
やっぱり技術って大事よねと再認識した次第

頭だけで納得が行くまで考えていても先へ進まないことが多くて
心日庵で教えられたみたいに
とりあえず高い声や低い声でやってみたり
スピードを変えたり
アニマルアプローチしてみたり

そんなある意味機械的な作業が
今回のような情念的でない役には合っている
と思っているんだけれど
これがなかなかうまく行ってない

当初想定していたよりもずっと演技の稽古をする時間が少なく
それなのに要求される速さは
多分自分が思っているのの2倍以上早く呈示していかなければ間に合わないのだろう
言い訳をしている余裕なんてない

いつもなら台詞を何度も読んでいるうちに
自然とどうやればいいのか(というよりこうやってみたいと)浮かんできて
それはいくつもいくつもパターンが浮かんできて
やりきれなくて楽しくなってくる
こうなるとシメたもので
台詞を忘れることも
身体が動かないということも
ほとんどなく
本当にただそこに生きているように演れるのだ

そこに理論はない

さて、ならばどうしよう

0 件のコメント: