2008年8月29日金曜日

稽古3日目

2日目の稽古ではイマイチ思ったようにできなかったので
昨日3日目はもっと頑張ってみましたが
やはりまだイマイチ

なんだろう?
以前ますみちゃんに言われた「フィルターがかかっている時がある」
というのがよくわかる
自分自身でも役との間に薄い膜が一枚あって
フィット感がどうにも良くない感じ

周りから期待されている
強く威圧感のあるイメージにとらわれすぎているのかも

もっと自由に自分を信じてやりたいのです

2008年8月26日火曜日

お稽古開始-1日目

10日間のお休みを経て、昨日いよいよ本格的に稽古場でのお稽古が始まりました

今回の作品は出演者が多く
しかもメインの数役以外はほぼ均等に台詞割りされていることもあって
出演者が大勢揃わないと成立しないシーンが多いのです

しかも私が今回演じる「肉屋のおかみ」の出番は
そういう大勢がいっぺんに出るシーンばかりなので
意気揚々と出かけた昨日はまったく本役を演じることができず
1日目から出鼻をくじかれて がっかり

でも、それは仕方ないのです
めげずに まだ女優さんの決まっていない「民生委員」の代役をやったり
台本の解釈に口出ししてみたり
結構やる気満々で参加させていただいています

お休み前に演出家に「台詞覚えて来てね」と言われたので
ガッツリ覚えていったら、メインの数人以外はほとんど台本を持ったまま稽古していて
あれ?と思いました

台詞覚えは心日庵で随分鍛えられたのでコツは掴んだみたいで
とにかく口に出すこと
おかみの台詞は8割ぐらいは入ったんだけど
何しろ喋らない待ちの時間が長いので
タイミングやらなにやら覚えにくくて大変です

それでもおかみの第一イメージは少しだけできつつある
稽古場でやってみなけりゃわからないけれど
今日2日目でどこまでできるかが勝負です

昨日稽古が終わって仙川のサイゼリヤでお茶をしながら
演出家から「前も話したけどキャスティングはまだ確定ではないから油断しないでネ。特に十七号の女は他の二人(私と女記者役の市村さん)の演技も見てみたいから」と言われたので
帰り道十七号の台詞にもトライ
俄然やる気満々 ムンッ!

不器用だから2つの役の台詞をいっぺんに覚えるなんて無理だよ~
と思っていたけれど十七号は志野やニセモノ屋との二人のシーンが多いので
割と覚えやすいのでした
いいわぁ十七号 やっぱりやりたい
特にニセモノ屋との含みのあるシーンがやりがいがあって面白そうです
というわけで ちょっとだけ頑張ってみたいのです

日曜日のオーディションも受かったので
来年春の舞台も決まったし
なんだか充実しそうでわくわくしちゃいます

2008年8月9日土曜日

『快速船』

風煉ダンス『快速船(安部公房作)』に出演します

風煉ダンスが長年の沈黙を破ってついに出港
原作/安部公房   演出/笠原真志
2008年10月 9日(木)19:00
      10日(金)14:00/19:00
      11日(土)14:00/19:00
      12日(日)12:00/17:00

せんがわ劇場
〒182-0003 東京都調布市仙川町1-21-5
03-3300-0611
http://www.sengawa-gekijo.jp/

京王線新宿駅より快速で20分、各駅停車で25分
京王線仙川駅下車徒歩3分(駅前に劇場案内板有り)

全席自由・日時指定
前売 3000円  当日 3500円
学生 2500円(学生証の提示)
(小学生以下無料)

チケット予約・問合わせ
風煉ダンス
090-6048-2858
alafura@ybb.ne.jp

チケット取扱(近日発売)
ゲッティ  http://www.confetti-web.com/

出演
寺門文人
荒井クルミ
向井千枝
リアルマッスル泉
田中晶
清水奈々絵
鈴木浩史
笹森幸
市村まゆ子
輿石悦子
飯田孝男


演奏 海猫クラブ
佐々木彩子
室舘彩
平田玲子


青山健一

STAFF
音楽/佐々木彩子
美術/青山健一・小野章
衣装/みうらゆかり・上木文代
照明/加納亮平
舞台監督/後藤恭徳
制作/風煉ダンス・林周一

協力
深川信也・有馬則純・和田康・反町鬼郎・横沢紅太郎
長谷川順子・増岡浩之・長谷川宝子・松原東洋
古谷充康・陽茂弥・柿原佑介・本城典子・松本太地
大矢紘史・井上のぞみ・界純恵
渋さ知らズ・発見の会・chon-muop・手織座

2008年8月1日金曜日

お墓参り

7月28日月曜日
やっと理生さんのお墓参りに岡谷へ行く
心の端にずっと引っかかっていたコリが
やっと柔らかくほぐれたような気分
行けて良かった

お墓参りに行って3日後の昨日
風煉ダンスの笠原さんより
次回公演の出演依頼のメールが来たのは
偶然ではないと思う

理生さんは私が本当に窮地の時に
必ず助けてくれる

お芝居なら何でもいいというわけじゃない